• トップページ
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • 診療方針
  • 診療の流れ
  • スタッフ紹介
  • 院内ツアー
  • カウンセリングとクリニカルコーディネーター

治療内容

  • 院長コラム「知られざる歯科の日常」
  • アクセス
  • 料金表
  • トピックス
  • お問い合わせ
  • リンク
  • 求人案内

インプラント、審美、ホワイトニングなら髙橋歯科醫院へ
東京都世田谷区用賀4-30-5
TEL:03-3700-5811
サービス提供エリア:
東京都 23区全域、町田市、稲城市、多摩市、調布市、狛江市、三鷹市、府中市、小金井市、武蔵野市、田無市、あきるの市 、千葉県、神奈川県 、埼玉県

如月

院長コラム「知られざる歯科の日常」

如月

2016年02月2日

こんにちは

年末年始からようやく冬らしい日が続いている様です。大雪や災害は困りますが、やはり冬は冬らしくが平穏と言うものだと思います。と言っている間にお正月は確実に次の季節に移っています。一年で一番寒さの厳しいこの季節も裏を返せば春経一歩近づいている証でもあります。

人の世も季節の様に巡るのであればこの時代の次にはどのような時代が待っているのか?私たちは脳を活性化し心の眼をしっかりと見開いて判断しなければなりません。春が来るのか、はたまた暗黒の時代が来るのか・・・・・。

L1020641

さて、のっけから大事を言っていますが日常の臨床は淡々と続いています。私たちの毎日している歯科臨床は患者さんの一生とともにあります。当たり前の事ですが、訪問診療をしていると否が応でも其の様な事を覚悟しなければならなくなります。そこまで行かなくても長く外来の診療(私の場合は用賀で父とともに仕事を始めてから25年経ちます。)をしていると、残念ではありますが再治療や新たな治療介入といった患者さんが増えて来ます。動的平衡といった原子・分子レベルの事を持ち出すまでもなく日々呼吸をし行きている人間は変化し続けます。其の身体の中で命の限り変化しないものがあるはずは無いのです。時には其の変化が再治療や新たな治療介入となる事も歯科臨床としては止む得ない無い事なのです。

逆に考えれば、再治療等のご本人にとってはトラブルを抱えた状態になっているにもかかわらず呆れもせず髙橋歯科醫院にまたいらして頂ける事自体が私どもが25年間口幅ったい物言いではありますが「誠実」に皆様に対応していた結果ではないかと思っています。勿論、患者さんにしてみれば困惑や疑念そしてお怒りもあるやも知れませんし、私どもにしてみても残念でもあり反省とストレスのかかる事情に違いありませんが、臨床家として医療人として最終コーナーが少し先に見えて来たこの時期にそれはそれで真摯に対応していかねばと思いを新たにしております。

今年もよろしく願います。

L1020624