• トップページ
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • 診療方針
  • 診療の流れ
  • スタッフ紹介
  • 院内ツアー
  • カウンセリングとクリニカルコーディネーター

治療内容

  • 院長コラム「知られざる歯科の日常」
  • アクセス
  • 料金表
  • トピックス
  • お問い合わせ
  • リンク
  • 求人案内

インプラント、審美、ホワイトニングなら髙橋歯科醫院へ
東京都世田谷区用賀4-30-5
TEL:03-3700-5811
サービス提供エリア:
東京都 23区全域、町田市、稲城市、多摩市、調布市、狛江市、三鷹市、府中市、小金井市、武蔵野市、田無市、あきるの市 、千葉県、神奈川県 、埼玉県

健康寿命は以前として平均寿命と差

トピックス

健康寿命は以前として平均寿命と差

2014年10月3日

「健康寿命」延びたが…依然長い平均寿命との差

読売新聞 2014年10月3日(金) 配信
 厚生労働省は1日、健康上の問題がなく日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」について、2013年は男性が71・19歳、女性が74・21歳だったと発表した。

 「健康寿命」は、同省が行っている国民生活基礎調査で、健康上の問題で日常生活に影響がないと答えた人の割合や、年齢別の人口などから算出しており、今後は都道府県別のデータもまとめる。

 初めて算出した2010年の健康寿命は、男性が70・42歳、女性が73・62歳で、それぞれ0・78歳、0・59歳延びた。ただ、13年の平均寿命は、男性の場合は9・02年、女性は12・40年長く、その間は介護などの手助けが必要となる可能性があるということになる。

 平均寿命と健康寿命との差が広がると、高齢者の生活の質が下がり、医療費や介護費も増えることから、政府は2020年までに、健康寿命を2010年の平均より1歳以上延ばす目標を掲げている。

m3.com より